*All archives* |  *Admin*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第17回 せんだいデザインリーグ 卒業設計日本一決定戦・卒業設計結果発表/「非ず非ず・テトラレンマ (否定の論理-1)」



第17回(1/17)
せんだいデザインリーグ 卒業設計日本一決定戦
卒業設計 結果発表 /
建築論「非ず非ず・テトラレンマ(否定の論理-1)








17_旅1


こんにちは
今回は、卒業設計コースの作品と結果をご報告します






■Mai Ono(法政大学)「kirakira」

沖縄育ちの彼女の中にある「kirakira」という独自の概念を、セルオートマトンというアルゴリズムの手法を使って空間にした図書館です
彼女の「kirakira」とは、ただきれいに光るという普通のkirakiraとは違う、譲れない意味があるそうです
そんな不思議ちゃんですが、その「kirakira」を彼女だけしかわからない独り言で終わらせることなく、共有できるように空間化した力強い作品でした。

受賞
 卒業設計日本一決定戦:第5位(特別賞)
 法政大学:第2位
 近代建築 全国大学建築系学科卒業設計優秀作品集 掲載招待


Ono外観0

17_Ono外観1

17_Ono外観2

17_Ono内観1

17_Ono内観2










■橋本 健(法政大学)「人と都市の間」

「道路と街区の反転」を都市スケールで行った壮大な計画です。
今現在建物が建っている部分を広場にし、それ以外の道路などを丘のように隆起させるという提案です。
ウネウネ道路の下が住戸などになります。
シンプルなルールなのに、見たことがない新しい風景が見えわくわくします

受賞
 卒業設計日本一決定戦:第6位
 法政大学:第1位、坂本一成賞
 JIA卒業設計コンクール 招待


17_橋本模型

17_橋本CG



17_橋本ボード










■成毛 香月(法政大学)「1.4 ー住まう人とぴったり呼吸の合う家ー

キャットストリートにある「芸術家のための集合住宅」です。
この作品の特徴は、スラブが1.4mの高さで積層していて、1つ1つの住戸の空間構成が考え得るすべてのパターンを尽くしているということです。
1層の高さが1.4mしかない部分は、猫や子供だけの空間もあるようです。
何より3m×3mの迫力模型と作り込まれた家具で、27戸それぞれの住宅の個性が染みだしています

受賞
 法政大学:第6位
 前田紀貞塾:第1位


17_成毛外観1

成毛内観0

17_成毛内観2


17_成毛内観









■小澤 良太(東京工芸大学)「織」

伝統工芸品職人の住む街の提案です。
もともと藍染川だった(現在は暗渠)というクネクネしたへび道に絡みつくように、「編む(綾織り)」という構成でつくられた作品です。
街自体が増殖していくような、なんだか生態系みたいな感じを受けました

受賞
東京工芸大学:第4位
 JIA卒業設計コンクール 招待


17_小澤模型

17_小澤ボード








私も年前に経験しましたが、卒業設計は大学4年間の集大成であり、1年間すべてのパワーを注ぎ込むものです。
学生にとっては、(楽しいと同時に)苦しいもので、それは誰もが味わいます。

でもだからといって「みんながんばったよね」ではなく、「すべては結果だと言いたいです。

そしてその「結果」というのは、「精神力」がなければ出てこないものだと思います
踏ん張り続ける足を途中でほんの少し緩めてしまったら・・・、やっぱり「結果」は出ないのです。

しかし、踏ん張り続けたからといって「結果」が出るというわけではありません
でも、踏ん張り続けることなしに、「結果」は出ないのです


もちろんこれは卒業設計に限らないことですよね。
私はすぐに失敗してしまいます。気を緩めて先輩たちに怒られます。


でも・・・

すべては、精神力
失敗は糧にして、いつまでもへこたれずに明るく踏ん張り続けたいものです











                      



さて、建築論です

長いけどとっても驚きの連続だった建築史の説明が前回で終わりました。
建築史って、学生の頃は、時代ごとの様式の話ばかりでしたが、実は、とても面白いものだったと感じました。
今回の建築史の話では、様式の話は全く出てこなかったのです
それよりも、今までの建築物の流れは、これから建築を作ってゆく上での「コンパス」や「指針」のようにさえ思えてきました。
こういう建築史だったら、建築家にも使える(?)かなあ




さて、今日からは、仏教的、東洋的な「否定の論理」についての講義です。


最初は、インドのアートマン、仏教による無などの話からでした。
「否定」という言葉は普通では、「~ではない」ということですが、そこにも沢山の「~ではない」があることを教わりました


西洋の弁証法は、「~でない」のひとつですが、東洋の「非ず非ず」「テトラレンマ」などは、同じ否定でも方法や意味は全く逆でした。


西洋の場合は、「~でない」というふうに、事を否定してどんどん狭めてゆきます
排他的です。

それはカメラのレンズの焦点を絞るように、視界を小さく小さく絞ってゆき「正解」に辿り着こうとする考え方ですね。




ですが、東洋の場合、「~でない」というものには、それとは全く逆の意味がありました

それは、レンズで焦点を絞るようにするのではなくて、反対にボカすようにしてゆく、ということなんです。





あっそうか
「Aでない」とは「Aじゃないよ~」と言っているのではなく、「A以外の可能性すべてに開かれますよ」というもっと自由で肯定の考えなのですね
これは目から鱗です・・・・・

だから、東洋の「~でない」というのは、否定というよりも、「それによって展開させる」という意味なので、「肯定」ということです。

豊かな考え方に感じます

東洋の「否定」とは、「肯定」ということなんですね。





                         前田紀貞塾 村越千紗









スポンサーサイト

第16回 2008年の締めくくり 忘年会!!



第16回(12/20)
2008年の締めくくり 忘年会!!






12/20。 この日は、2008年最後の授業の日でした。
ですので・・・・・・授業のあとに忘年会を行いました

今回はその様子をお伝えします 



16_行列

お店の前で待っているところです。
大勢いますね~
卒業設計コース・設計演習コース(A・Bクラス)の3クラスみんな一緒に飲みました










いつも授業後の飲み会というと、そのままアトリエでしていましたが、
今回は、大人数ということもあり、駅前の居酒屋さんで行いました



塾生とアトリエスタッフです。
待っている間もなんだか楽しそうですね






16_西本夫婦

こちらの塾生は、奥さんといっしょに参加してくださいました
みんな大歓迎です











16_乾杯

お店に入ったら、まずは先生からお話をいただき、「乾杯!!」

「かんぱーい









16_宴会1

16_宴会2

お鍋をメインとして、お刺身などいろいろなお料理をいただきました
おいしい











色んな人とお話できるように、途中でおもしろくじ引きによる席替えをはさみました


16_テーブルの上

16_橋本蝦名

16_竹味城内

16_白石加賀屋

16_西本田中

アトリエの中で飲む時とはまた違った雰囲気で、ワイワイガヤガヤと楽しく飲みました


みんなそれぞれ、普段なかなか交流の少ない違うクラスの人たちとも話がはずんでいたようです











16_先生背中

楽しい夜も更け、1次会が終了しました

場所をかえて・・・アトリエで2次会です



16_2次会

ここでは、少し真面目なお話
先生の隣に座った塾生は、飲みながら絶えずノートにメモをとっていました




こうして、2008年の建築塾は締めくくられました。
とはいっても、第1期の建築塾はまだまだ3月まで続いていきます

2009年もますます気合いを入れて、ますます楽しく頑張りましょう












                         前田紀貞塾 村越千紗




第15回 CGソフト(formZ)講習/「モデルと制度 (建築史-5)」



第15回(12/13)
CGソフト(formZ)講習 /
建築論「モデルと制度 (建築史-5)







15_みんな着席

こんにちは!
今日は、formZ講習の様子をレポートします

formZとは、CGを作成するソフトです

以前あったソフト講習の時にも、卒業設計コースの生徒にはformZを私:村越が講習しましたが、
今回は私よりもっと詳しいアトリエスタッフ3人が講師をつとめ、本格的に行われました


今回の講師はこちらのスタッフです
■小久保 仁






15_川井班

3人も講師がいたので、少人数制で行えました!
質問もしやすいです






それぞれの班で、簡単に機能やポイントを紹介したあとは、自由につくってみる時間です

15_個人1

15_個人2

わからないところは質問 質問









学生の試作したものはこんな感じです

15_画面1

15_画面2

ぉお~







今日は、とりあえずこのソフトではどんなことが出来るのか?わかってもらうために、自分の設計作品とは関係なく適当に作っています。

おうちに帰ってこれから、各自の作品に挑戦です!








15_模型囲む

模型指導は今回はお休みだったのですが、ある生徒は模型も進めて持ってきたようです。
塾生同士でも見せ合い、積極的に意見を交換しているみたいです

良いことですね






                      




今日は、「モデル」と「制度」という話でした。




建築を創るときに多くの人たちが、この「モデル」と「制度」を誤解している、そうなのです。
「モデル」とは純粋なコンセプトのようなものですが、これが建築化される時、それは「制度」になります。

建築は、施主の要望とか法規とか予算とか施工とか、沢山の「制度」の中で創られてゆくものですね。





例えば、「透明性」という流行のキーワードひとつとっても、それは「モデル」として見るか、「制度」として見られるか、によって扱い方は違ってきます。

学生によくあるよくない例とは、コンセプトを「モデル」としてしか扱わない、ということなのです。

建築の本質とは、この「モデル」から「制度」へ移る時に出くわす「食い違い」とか「障害」、その差異の中にこそ潜んでいる、という気持ちが大切ということです。



でもここでの「食い違い」とか「障害」とは悪いことなのではなくてそこでこそ建築の表現の質が見極められる場所なんだよ、ということでした。

ガラス張りの建築模型を作って、「これは透明な建築です」と言うようなものは、ただの「モデルとしての透明」にしかなっていなくて、そこには建築としての質が無い、ということでした。




よく、私たちは、「純粋なコンセプトが崩れてしまう・・・」などと悲しく思ってしまうことがありますが、実は反対で、その一見「障害」とか「邪魔なもの」と思えるものに移ってゆく時に考える、「これをどうやって」という「HOW」の中にこそ、建築の本質があるんですね



ちなみに、最近、流行の建築の中に、こうした意味での「制度」が見えなくなってきていることが嫌だよ~、と先生は言われていました。







                         前田紀貞塾 村越千紗




















 

速報!! せんだいデザインリーグ2009 卒業設計日本一決定戦 結果発表!!!!



速報!!
せんだいデザインリーグ2009
卒業設計日本一決定戦







本日、3月8日、仙台で2009年の卒業設計日本一決定戦がありました

前田紀貞塾の「卒業設計コース」の二人が最終ベスト10に入賞しました


詳細な結果は以下の通りです。

日本 第5位:特別賞 mai ono(法政大学)

日本 第6位:橋本健(法政大学)

今年の審査員の先生方は、難波和彦さん、妹島和世さん、梅林克さん、平田晃久さん、五十嵐太郎さんでした。

残念ながら一位は逃しましたが、来年は必ず一位になれるように、私も一緒に頑張ります。


内容は、またこのコミュでアップします







                         前田紀貞塾 村越千紗




















 

第14回 どうして建築論が大切なの?/「都市と風景 (建築史-4)」



第14回(12/6)
どうして建築論が大切なの? /
建築論「都市と風景 (建築史-4)」





 14_道元jpg    14_鈴木大拙 
 道元                鈴木大拙 


 14_西田幾多郎    14_ハイデッガー
 西田幾多郎             ハイデッガー

 14_メルロポンティ     14_ルイスカーン
 メルロポンティ          ルイスカーン







こんにちは!
今日は、前田先生がどうして「建築論」という哲学を大切にするようになったのか、について説明してみたいと思います。


ちょっと考えると、建築なんて空間デザインなのだから、「建築論」なんてどうして必要なのといった疑問は誰にでもあると思います。
私も最初はそう思いました



先生は、25年くらい前の大学生の時、増田友也先生というとっても凄い先生の講演会に行ったそうです。

そしてそこで増田先生の男としての魅力建築家としての格好良さに一瞬で惚れてしまって、それがすべての始まりだった、と聞きました。



先生は、「増田先生を好きになったからには増田友也のすべてを好きになりたい」と言っています。

先生は、「哲学が好きだから建築論を勉強しようとした」のではなく、「増田友也が好きだから建築論を勉強しようとした」というのです

増田友也先生という方は、当時「現象学」という哲学「集落調査」を基にして建築空間について考えて行こうとされていたらしいのですが、だからこそ前田先生も、それをそのまま何の疑問もなく受け入れたのです

でもやってみたらビックリで、この建築の方法こそ、建築の原理的な指針になるだろうなあ、ということが直感でわかったそうです。
でも今、建築界の中に、こういった地味だけれど真面目な風潮がないことを危惧されてもいます。


何かを好きになる時「あれこれと頭で考えるよりも、そしてそれが正しいとか間違っているとか考えるよりも、その師のことが本当に好きなの?ということが何より大切なんだ」ということは、いつも前田先生から聞いています。





実は私は、このブログを書く前、前田先生に念のため確認の意味で聞いてみました。

《先生は増田先生のそのままを真似ようとした》というようにも聞こえてしまいますが、そんな書き方で本当にいいのでしょうか?」と。

そうしたら答えは、
「何の問題もないよ。事実、そのまんま真似しようとしているのだから。そんなことより、自分はまだ全く増田先生の足下にさえ追いついていないのに、そうした書き方をすることじたい、増田先生(故人)からしたら迷惑かなあ・・・・・・」
ということでした。


一般に「先生」というと、どこかで完成している人のような感じをいつも受けますが、そういう言葉を聞くと、いざ自分にとっての先生って何なんだろう・・・・・・・と考えさせられます。



「本当の意味での先生」というのは、「なにかを教えてくれる人」じゃなくて「どこまでも好きになれる人」なのかもしれないということは、私がこのアトリエに来て知ったことだと胸を張って言うことができます。









建築論の授業風景
14_上から

14_下から

14_頭

14_真剣にメモ

14_資料







                      




さて、それではその講義内容もお伝えします

今回は、「都市と風景 (建築史-4)」です。
建築史の流れの中で「建築のキーワード」を深く考える回です。

例えば、「都市」とか「風景」など、ということ。


これらは、沢山の建築家のひとたちが、当たり前のものとして無批判に使ってしまっている言葉みたいですが、実はその内容には沢山の背景と意味がある、ということを知りました

ビルがごみごみしている渋谷や新宿みたいな街が「都市」、木や水や空に満たされているのが「自然」
などと思っていては駄目だよ!!そんなことでは、建築は「雰囲気もの」になってしまうよ!!というものでした。



え~っ、だって他に思い方があるの・・・・・

簡単に言えば、それらは「最初からあったもの」ではなく「発見されたもの」という見方で接しないといけない、ということでした。

そういえば、私の母が「お花」をやっていますが、お花というのは最初からある美しさではなく、一旦それを殺してしまうところからやってくるもの、そういうところに創造の意味があるようです
同じかな


他には、「建築家が無批判に使ってはいけない言葉たち」として「自然」という言葉なども挙げられるようです。
そういった「知っているようで、実は知らない言葉」というものを正確に身に付けておくことが大切だと思いました。

最後に、「言語」とか「非作家性」などについての話もありました。







                         前田紀貞塾 村越千紗




















 

第13回 Macショールーム 案出し/「フォルマリズムとリアリズム (建築史-3)」



第13回(11/29)
Macショールーム 案出し /
建築論「フォルマリズムとリアリズム (建築史-3)







こんにちは今回は、
課題「Macintoshショールーム」の案出しの様子をお伝えします

まずは、前々回のブログでお話しした、「ルール」を何にするかを考えます。

今回の課題では、このルールには「自然のルール」を使うという決まり事が設定されています

何でもそうだと思いますが、最初って難しいものです。
みんな、どんな「自然のルール」に着目しようか、悩んでいます。

でも、これがとっても楽しくもあるんですよね





塾生の誰かがあげたキーワードの「重力」について、先生がこんな説明してくれました。

13_重力

このように、一枚の紙を折り曲げてみると「谷と山」ができます。
もっともっと広い意味での「重力」という現象は、この2次元の紙が曲がるのと同じように、3次元空間が曲がってしまった時!!、その山から谷へ向かって水が流れてゆくようなことなんだよ、ということを実際に紙を折りまげて見せてもらいました。

重力というものを「物が落ちる」「物が引き合う」という現象ではなく、もっと大きな「自然界のルール」として見直してみることも大切なのかもしれません。







塾生の皆さんが考えてきたことを発表しています。

13_西本案

考えることも、伝え方も人それぞれです









13_地場

こちらは、磁石の「地場」に注目した案です。









13_麻田案

考えや写真などを紙面にまとめて来たり・・・









13_本

取り上げたテーマについて、で勉強しているようです。









こんなに入れて・・・・・・・・・
13_紙袋

13_城内案
模型を作って持ってくる人もいます

色々ですね










悩んで行き詰まってしまっている人にも、

13_昨年生徒案

以前の作品などを参考に説明することもあります





13_本2

アトリエの書棚の本を引っ張り出してくることもしばしばです
これは、「計画」である建築が、非計画(メタ計画)として、自然増殖するような建築のひとつの例です。










13_江原

こんなふうに、たくさん考え悩みながら、課題はスタートしていきます










                      




今回の建築論は、3回目の建築史「フォルマリズム、リアリズム」のお話でした。

これは建築家がちゃんと理解していなければいけないことなので、これらはどんなことを言っているのというおさらいでした。

特に、「近代建築」とか「透明性」「大きな物語」というものの歴史的な意味を教わりました。
近代建築って、私たちはよく耳にしているものですが、「よく聞く」ことと「本当の意味を知っている」こととは全く別に思えてきました。




「近代建築は、ルネサンス建築と似ているけれど、ゴシック建築とは違うよ。」とか、
「室町時代も近代だよ。」
などという言葉を聞くと、

「近代」ってどういうことなのだろう? ということの根本が、少しだけはわかったようにも思えました。


「近代」っていうのは今までも沢山あったんだよ~ということだったんですね。

そういえばそうですよね
今、私たちが生きている時代だけが特別なのではないのですから。



近代建築は最初には、「形式性」であって、「自律的」であって、「ロジック」であって、「フォルマリズム」であったのですが、

それが時間がたつと、共産主義がその最初の気持ちと反転して独裁制になってしまったように、やっぱり逆になってしまった という話も面白く聞けました。

それと、最初の最初のバウハウスは、「形式性」ではなくて「超表現主義」だった、ということも、知らなかった話でした。

ちょっと話がずれてしまいますけど、浅間山荘の事件とか、三島由紀夫の自殺とか、磯崎新の大文字の建築とか、共産主義の崩壊、なども同じようなストーリーであることも知ることができました。

このへんの分析は、前回に書いた鈴木先生の本「建築批判」に詳しく書かれているようです。

色々あるなぁ~、うん。


でもとにかく、「住宅とは住む為の機械である」ということばかりを近代建築と思ってしまっていると、うわべだけの建築の脳味噌になってしまうのかもと思います






                         前田紀貞塾 村越千紗




















 
プロフィール

chisakiti

Author:chisakiti
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
未分類 (26)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。