*All archives* |  *Admin*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第18回 エスキース(Macショールーム)/「鈴木大拙ー1(否定の論理ー2)」



第18回(1/24)
エスキース(Macショールーム)/
建築論「鈴木大拙ー1(否定の論理ー2)








こんにちは
今回は、第2課題のエスキースをレポートです。


課題は、
銀座、現ソニープラザの建つ場所にMacintoshのショールームを計画すること。
計画にあたっては、【自然現象】・【物理現象】・【化学現象】などから引用したルール に従って空間を構成すること。

です



毎回の授業では、進めた内容や作ったものを発表し、先生にアドバイスをもらいます



こちらは「ヒルベルト曲線」を使った案です。

18_島田




エスキースの様子はこんな感じです

18_島田エスキース




18_島田ノート

こちらは、指摘されたことを書き留めた彼のメモです
いろいろ書いてありますね










また、ある塾生はこんなふうにアドバイスをもらっていました。
これは、図面についてですね。

18_中山エスキース











また、今回の課題はCGでプレゼンテーションする塾生もいます。

18_江原




この塾生は、CGを作る途中でうまくいかない部分があり、ちょっと困ってしまったことがあるようです。

18_先生を囲む

そんな時は先生のパソコンを囲んで、何か良い方法がないかとみんなで考えていました




18_Formz本

塾生仲間も本を参照して、教えてくれます。

「それは、この方法を使うと簡単にできるんですよ!」、なんて


この間講習をしたばかりのソフトですが、やる気マンマンの塾生たちは、もうこんなに使えるようになっていました

中には、「やり出すとおもしろくて、いつやめたらいいのかわからなくなって、気が付くと朝になっちゃってるんですよ~」、なんていう人もいます。


「心から楽しんでやっている」ってとっても素敵なことだなぁ~って思いました





                      


さて、建築論です

18_建築論板書

18_建築論授業



今日の否定の論理は、鈴木大拙という哲学者の「即非の論理」というもののお話でした。

鈴木大拙さんは、顔だけ見ると、とても厳格そうで格好いいおじいちゃんでした。


その中で、青原惟信(せいげんいしん)という中国:宋の禅のお坊さんが次のように言った言葉が紹介されました。

「見山 是山」
「見山 不是山」
「見山 祇是山」


これだけだと、漢字ばかりで全くわかりません・・・・・。

意味はこうです。
青原惟信さんはその昔、まだ禅に入らなかった時、山を見たら、は山でありました
でも、その後親しく禅の道に入ってみたら、そのときのは山でなくなっていたらしいのです。

うん、さすが禅のお坊さん


でも驚くことは、その後もっと時間が経って修行して一つの悟りを得た時、その時山を見てみると、その山は依然としてやっぱりただの山でありました、ということなんです。


最初の「山は山は普通の人だからわかりますし、
次の禅の修行を積んだ人が「山は山でないもわかりますよね。だって、修行したんですから。
でも最後の、超修行したらまた「山は山になってしまった」というところがわかるようでわからない
でも、何となく恰好いい


こういうのが、即非の論理というようです。

文章で言うと、
「AがAであるのはAが非Aであるからである」
ということみたいです。

まるで実感はできませんが、やっぱり何か恰好いいところが、これからしかりもっと勉強したいと思うところです

あっ これも、
私(A)というのは、今の私と反対の私(非A)を経て、始めて、本当の私(A)になる、ってことなのかなあ






                         前田紀貞塾 村越千紗



スポンサーサイト
プロフィール

chisakiti

Author:chisakiti
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
未分類 (26)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。