*All archives* |  *Admin*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第23回 「自然を受信する庭」エスキース/「西田幾多郎-2(否定の論理-6)」



第23回(2/28)
「自然を受信する庭」エスキース/
建築論「西田幾多郎-2(否定の論理-6)







こんにちは

今回は、第3課題「自然を受信する庭」のエスキース模様をお伝えします


23_少人数


おやおや
何だかいつもと雰囲気が違いますね

最初の頃と比べて塾生が随分と少ないですね


課題ともなると、徐々に、塾生も淘汰されてきます


そもそもこの建築塾は、前田が「将来、日本の建築文化を背負って立つ者たちのためにと始めたものです。

ですから、建築でも手を抜くことはありませんし、それ以前に人としても半端は許されません

この建築塾は、いつもお届けしているように楽しく和気あいあいした面もありますが、同時に厳しい面もあるのです。


でも、それが家族っていうことですよね

そして、ここまで残っている塾生は根性があると思います





さてそんな塾生たちはどんな案を持ってきたのでしょうか




何やらガラスのビー玉が敷き詰められた箱を持ってきた塾生がいました。
この箱は電車の車両だそうです。

彼は、この電車を「装置」として提案していました。


23_竹味1


23_竹味2


23_竹味3

先生は模型を覗く覗く覗く・・・
模型の中の、人の目線で見てみるのです。



中はこんな感じです。

23_竹味4
ギッシリ


この電車という装置に、都市(自然)を受信させるそうです。

23_竹味5

パソコンの中の、都市の動画にビー玉の模型をかざしています。

わくわくしてきますね






今回の課題は、パソコンを使って取組む塾生が多いです。
23_村山1


23_村山2

この「自然を受信する庭」の課題では、どんな現象が起こるのか、実際に見えるということまで示さなくてはなりません

ですので塾生たちは、それぞれがいろんな方法を駆使してシミュレーションしているようです。




皆、他の塾生の作品にも興味深々です。

23_村山3

おや 一人寝ているひとが・・・
いいえ、もちろん寝てなんかいません。たまたま目をつぶってしまっただけです

もしも、居眠りなどしようものなら、冗談ではなくアトリエのスタッフ達の鉄拳がお見舞いされますから





設計演習をしていても、いろいろなお話があります。

こうして、白板にもいろいろなヒントが描かれます。

23_板書


だから、他の塾生の発表時のアドバイスも、みんな真剣に聞き、メモに取り自分の栄養にしてしまうのです
やる気ですね




23_メモ1



23_メモ2



23_身近



さあ、作品が楽しみですね








                      





さて、建築論は幾多郎おじいちゃんについての説明の続きでした。
今回は、「純粋経験というものについてのお話です。

幾多郎おじいちゃんは、

主観(私)と客観(世界)などに未だ分けられていない、もっともっと“純粋なものを哲学のベースにしなくてはいけないよ
そうしないと哲学というものは精密なものにならないよ


と、考えていましたが、それのひとつが「純粋経験というものです。



例えば、「風がざわざわするという経験がありますが、

風を感じた最初の0.1秒目には、「私が感じた」とか、「それは風による」などという思いはなく、
ただ「ざわざわという感触」があるだけです。

確かに、ほんの最初の一瞬の一瞬の気持ちはそうかもしれません。

「私」(自己)にも「風」(他己)にも未だ分割させられていない、「純粋ななにか」こそが「純粋経験と呼ばれるというものでした。



そういえば、コルビュジェの建築に入った時の、
あの、どんな言葉にもできないみたいな、衝撃みたいなものって、
もしかしたら純粋経験に似ているのかな






                         前田紀貞塾 村越千紗









スポンサーサイト
プロフィール

chisakiti

Author:chisakiti
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
未分類 (26)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。