*All archives* |  *Admin*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第25回 「現代思想のおさらい2」



第25回(3/14)
建築論「現代思想のおさらい2」

こんにちは

今回は、建築論のみをお届けします。




先週お勉強した「固体の哲学」である形而上学と横に並ぶように同時進行して、
アリストテレス→スピノザ→ライプニッツ という流れの中に、「液体の哲学」の芽がありました。


この芽は、近代の最後、ニーチェに受け継がれた頃から、形而上学のカチカチした固体はどんどん溶解してゆき、しばらくしたら「液体の哲学」になって行ったんです。
氷が溶けるみたいですね。


そんな固体を液体にする流れを受け継いだ有名人がジャック=デリダのようです。

デリダは、「脱・構築」という概念を唱えた人ですが、建築での「デコン(=デ・コンストラクション)」も、ここから来ています。
でも、「“デコン建築”をちゃんと緻密に理解して口で言える人が殆どいないことが今の日本の建築界の悲しいところだよ」ということも知りました。

それは、私たちが以前に勉強した「形式性の崩壊ということと深く関係しています

建築論というのものは、こうした「緻密な理解と関係しているんです。




先生は、「僕たちは、雰囲気で建築を批評するようなことがあっては絶対にいけないと、いつも口にされます。
その意味は、とても厳しい自己批評の中に、御自分の建築を置かれることを意味しているのだと思いました。

今、色々な人の「批評」を聞くと、それは「批評」じゃなくて「感想文」のように思えることがあります。
そこには、批評の論理が無いから、感情で言葉が出てしまうだけだからです。





さて、今の話とは別に、アンリ=ベルグソンという人は、デリダより昔の人ですが、とっても液体っぽい人だったようなのです。

前のデリダも、まだまだ固体の要素(形而上学)が強くって、本当の本当の液体になっていったのは、ジル=ドウルーズという人のあたりからのようです。
この頃には前後しながらも、ジャック=ラカンモーリス=ブランショテオドール=アドルノなどという人たちもいました。

しかし、先生が言われるには、「こうした人たちは論理ではなく、ある意味、詩なんだよ」と。


え~哲学が何で詩なの


でも、建築論をずっと勉強してきた私たちには、哲学の意味、詩の意味、存在の意味、などを教わってきたので、少しだけその意味がわかるようにも思えます。






それでは、哲学講義の最後に私が思ったことを少し述べてみます。

2000年間もかけて西洋の人たちが手に入れたこの「液体の哲学」が、実は、ずっとずっと昔に、日本では道元によって、もっともっともっと昔なら、般若心経によって説明済みであったこと
このことって、とっても凄いことだと思いましたし、東洋人として日本人とし、ちょっと誇りに思うところもありました。


やっぱり、私たちは、今のうわべの流行なんかより、私たちが生まれた国のずっと昔を見つめ続けることが大切だし、
それを「恰好いい」と思える視点が、最初のうちは大切なように思いました。

個人的なことですけれど、最近、私は、
西行、鴨長明、吉田兼好、世阿弥、松尾芭蕉、道元、一休さん
みたいな男性に、男気を感じたりしています






                         前田紀貞塾 村越千紗









スポンサーサイト
プロフィール

chisakiti

Author:chisakiti
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
未分類 (26)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。