*All archives* |  *Admin*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第5回 授業のあとは飲み会!!



第5回(10/4)
授業のあとは飲み会!!






こんにちは!
前回までは授業を中心にお伝えして来たので、今回は「放課後」のお話です。





建築塾では、授業が終わるとそのまま皆でお酒を飲みながらワイワイお話することが多いです
参加は全員ではなく、その日都合の良い希望者です


     

5_ムーディ
電気を消して、授業中とはまたちょっと違った雰囲気になります。
ムーディ!!


お話の内容も冗談も交えてより楽しく笑い声が絶えません
飲み会では、生き方がよく話題にあがります。
こういうのって、本当の意味でかっこいい「男(女)の生き方」だよね!!というような
そういうお話は私も大好きです!!

バイクのお話も多いですが、不思議なことに「建築」の話は少ないです









テーブルの上にはビールの他に、
手作りのちょっとしたおつまみも並びます
5_料理
この日は、揚げ枝豆、キャベツのりサラダ、野菜のお漬け物、ゴーヤチャンプルー









飲み会に参加するのは塾生だけではありません
アトリエスタッフはもちろん、他大学の学生がたまたま来所していれば皆で一緒に飲みます


この日は、以前オープンデスクでアトリエに勉強に来ていた大学院生の李欧くんが来所し、彼のポートフォリオを皆に見せてくれました
彼の学生時代の作品や、実施設計をしたプロジェクトなどです!
5_ポートフォリオ
塾生も、皆自分で設計課題にとりかかっている最中とあって、じっくりと見ていました。










飲み会は、冗談も飛び交う楽しい雰囲気ですが、ところどころに大切なお話もよくでてきます
5_飲み会でもお話
ホワイトボードを使って説明することもしばしばです






こうして建築塾は、楽しくもあり勉強にもなるで締めくくられるのです







                      





さて、授業の報告もしておきます!

今回の建築論は「場所」と「構築性と多層性」についてでした。




【1】「場所」

今日は、建築で言うところの「場所」って何?というお話でした。


先週までの、ハイデッガーおじさん「存在」に引き続いて、
それをもう少し具体的な例へ結びつける説明がされました

「場所」という言葉は誰でもが使う言葉です

しかし、建築でそれを考える時にはちょっと解釈が違いました
普段使っている意味の「場所」ではなく、西田幾多郎おじさんが言うところの「働きとしての場所」あるいは「無の場所」という説明が適しているようです。

言葉にすると差がわかりにくいですが、やっぱり違いがありました

それはこんなことです。
数学の関数のように
「それじたいは手に触れることができないもの」であるのに「確実に機能するもの」ということです。


             y=f(x)

「何かが入力されると何かが出力されるもの」ということです。





確かに、心を打つ「空間」とか「庭」というものは、ただ空っぽであるだけではありません
私たちの気持ちや自然の変化があると、様々にその顔つきを変えてくれます


この変容させる「力」を持つ為には、どのようにしたらいいのか?
これが本当の意味での「建築の“場所”」ということなのです






【2】「構築性と多層性」

今日の講義ではさらに、上の考えをもとにそれが西洋と東洋ではどのような違いがあるのということの説明もありました。

ちょっと乱暴に分けてしまえば、
西洋は構築性、東洋は多層性でありました。
それはそのまま因果的記述とシンクロニシティーであると。


こんなことを、西洋と東洋それぞれの洋服や庭園、建築やビジネスを例に学びました




                         前田紀貞塾 村越千紗








スポンサーサイト
プロフィール

chisakiti

Author:chisakiti
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
未分類 (26)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。