*All archives* |  *Admin*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第8回 図面指導/「形式性ー1」



第8回(10/25)
図面指導/建築論「形式性ー1」




8_PC図面


こんにちは!
授業はプレゼン図面の指導に入りました




まず最初に、「建築をつくるための図面」にはどのようなものがあるのかをお話しました

設計事務所がつくる図面には2種類あります。
基本図面・・・空間構成がわかる図面(施主用の図面)
実施図面・・工事ができる図面(職人用の図面)


建築塾の課題では、実施図面を描くことはありません。
ですが、1つの建築をつくるためには必要なものなので、実際にできたアトリエのプロジェクトの実施図面などを参照して説明をしました




8_作品参考
アトリエのHPでプロジェクトの写真を見ています。



こちらは、上のプロジェクトの実施図面です。
実際の物とあって塾生も興味津々です
8_実施図面1

8_実施図面2
たくさんある図面を1つ1つ説明しています。
これは物入れの図面です。





さて、建築塾の課題としては、基本図面を描くということが必要です

これまで格闘してつくってきた模型を今度は図面で表現するのです
自分の作品の魅力を伝えるために、空間構成のコンセプトや模型写真、CGなどを組み込んだプレゼンボードをつくります。


ただ図面を描くだけでなく、そのボードも魅力的にデザインします!



8_パネル参考
アトリエ作品のプレゼンボードを使って注意点などを説明しています。








8_配布プリント
図面、プレゼンボードを作成するときの注意点をまとめたプリント配られました。







ホワイトボードを使って注意点を1つ1つ説明していきます。
8_板書1

8_板書2
わかりやすいように、実際に描いて説明です。










その後、塾生ひとりひとりが作成した図面をチェックします。
8_図面指導1
アドバイスはもちろん皆で共有です


8_図面指導2

8_図面指導3
塾生の図面(城内栄剛 案)です








                      






8_建築論



今回の建築論は、「形式性」というものについてのお話でした。

「形式性」とは、例えば数学というものが、公理・公準という“決め事”から始まって、その後、すべての数学世界証明によって決定されてゆくような「システム」のことです。





このシステムのおかげで、西洋哲学も近代科学も発展してきたのは確かなようですが、今世紀に入ってからこの便利な「形式性」も、なんと崩壊の兆しを見せ始めました


例えば、不完全性定理(ゲーデル)や不確定性原理(ハインゼンベルグ)などの一見むずかしそうな発見は、この「形式性」に「実は限界があるんだよ」ということを示したものなのです

すごく簡単に言えば、「パーフェクトな論理性なんて無いんだよ~ってことです。







特に、「シュレディンガーの猫」という思考実験のお話は面白く聞けました。

どんなお話だったかというと、
ある状況の中では、猫が「“生きていること”同時に“死んでいること”」というように、2つの全く相容れない状況の重ね合わせによって、実はこの世界はできている、というようなことです。

これはホログラムなどの構造とも似ているということも聞きました






でも、こんな矛盾をどう理解したらいいのでしょう

そういえば、ずっと私たちが受けてきた正しいとされている教育の中から見ると、どうも仏教などの思想がうさんくさく思えてしまっていたのですが、
実は、それは反対で、こんなところにこそ仏教の教えの懐の深さがあったのかもしれませんね。


矛盾を矛盾のままに認めることができる、というように







                         前田紀貞塾 村越千紗




















 
スポンサーサイト
プロフィール

chisakiti

Author:chisakiti
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
未分類 (26)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。